包茎治療を受ける前に包茎の原因を探ろう

包茎になってしまう原因

包茎治療を受ける前には、何故包茎になってしまうのかを知っておいたほうが良いでしょう。これは、思春期の第二次性徴までの性器の成長で、亀頭が覆われたままで露出されなかったことが原因で起こります。生活習慣などに何か問題があって起こるというよりは、成長によって亀頭が露出されるようになるかどうかの違いがあると言えるでしょう。
小さい頃から剥き癖をつけていた場合は大人になってから容易に剥けるようになることもありますが、一般的には何もせずに成長するので日本人の大半は大人になっても皮がかぶっている状態です。そのため、自分のせいで包茎になったと思う必要はありませんし、子供の場合は皮をかぶった状態が当たり前だと認識しておいて問題ありません。幼い頃のマスターベーションのやり方が悪かったのではないかと疑う人も多いですが、実際はそういった原因ではなく、成長の個人差によるものだと理解しておきましょう。

包茎は自然となってしまうもの

包茎は自然となってしまうものなので、この状態になっても仕方がないと言えます。悪いことをして包茎になったわけではないので、包茎治療は必要ないと思うかもしれませんが、放置しておくと悪い影響が出てしまうことがあるので注意してください。仮性の場合はほこりや細菌が溜まって悪臭や病気の原因になりやすいですし、真性の場合はこれに加えて性行為時の痛みによって射精ができないという問題があります。真性の場合は勃起不全を引き起こしやすいとも言われているので、大きな問題が起こってしまう前に包茎治療をするべきだと言えます。
皮がかぶっているかどうかは個人の成長によって異なるものであり、自然となってしまうものなのでどうすることもできません。子供のときに剥く習慣をつける人もいますが、無理やり行うと痛みや怪我に繋がることもあります。包茎になる原因は自然によるものでどうしようもないことを知り、大人になっても皮が剥けない場合は包茎治療をすると良いでしょう。

まとめ

包茎治療を行う前には、何故この症状が起こってしまうのか理解しておきましょう。包茎になるかどうかはその人の成長によって決まり、自分でどうにかできる問題ではありません。原因をどうにかすることはできませんが、大人になっても皮をかぶったままであれば包茎治療を行うことがおすすめです。自然になってしまう症状でも病気や激しい痛みなどのリスクがあるので、大きなトラブルになる前に包茎治療を行っておくことが良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です