農業経営と徹底したキリスト教の布教の関係性について

農業経営を徹底して行う人は、野菜や果物を生産しながら消費者と関わっています。
一方で、キリスト教の布教を行う宗教家は、聖書に書かれた教えを広めるために、
新たな信者と交流を続けてきました。
どちらも絶対に揺らぐことがない理想を基礎にして、
人々を魅了する仕事を行っています。
農業経営では先祖代々の教訓や農地を大切にしたり、
地域に伝わる地場野菜の保存活動を行うことも重要な仕事です。
キリスト教の場合には、開祖となるイエス・キリストを敬愛しながら、
自己犠牲的な愛の精神を伝えることも行っています。
農業経営で利益だけを追い求める場合には、消費者から見放されることがあるため、
キリスト教の布教と関連する精神で対応することもあるわけです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です